人気の地域の不動産を購入しよう【物件を選ぶコツとは?】

  1. ホーム
  2. 競売が決まったら

競売が決まったら

ウーマン

専門の業者を選ぶと良い

家を競売にかけられそうになった時には急いで任意売却の専門業者に相談した方が良いでしょう。競売にかけられると家を市場価格よりも安い値段で手放さなくてはならなくなります。するとローンがかなり残ってしまうだけではなく、残りの額を一括返済しなくてはいけなくなります。ローンの支払いの為にまた借金を重ねなくてはいけなくなります。それに比べて任意売却を選べば家を市場価格で売却できます。ローンをかなり減らせるだけではなく、ローンの残りを分割払いすることができるようになります。借金の相談は司法書士や弁護士が頼りになりますが、任意売却の場合には法律の知識の他に不動産に関する知識が必要になります。不動産の知識がないと不動産査定をすることができないので、市場価格よりも高い値段や安い値段で売却してしまうことがあります。高値をつけると買い手が見つからない為、結局競売にかけられることになります。また安い値段で売却してしまうと早く売れますがローンを減らすことができません。任意売却の専門業者に相談すれば売却価格の決定や債権者との交渉などを全て任せることができるので、高値で家を売ることができるだけではなく売却したお金の中から引越し費用なども出してもらうことが出来るようになります。任意売却の相談はなるべく早くした方が良い結果が得られます。任意売却出来る期間は数ヶ月しかありませんが、その間に債権者との交渉や販促活動をしなくてはいけません。早く相談すれば余裕をもって様々な事柄に対処できます。